製剤方法の違いと吸収率の差

バイアグラはジェネリック医薬品の登場により製剤方法が違うものや形状の違う商品が登場しています。
従来のバイアグラは錠剤となっていましたが、水で飲むのが基本的な飲み方になります。
現在では同じ錠剤でも溶けやすくなっているため、口の中で溶けてしまうものがあります。
水がなくても飲めるバイアグラですが、他にもゼリータイプのものがあります。
飲みやすさや使い勝手の良さを改善するために製剤方法を変えていますが、吸収率はそれぞれに異なっています。
口の中で溶けるタイプのものは水がなくても飲めますが、確実に体内にはいらない可能性もあります。
製剤方法によって吸収率や吸収量が変わってきますが、その点よりも確実に正しい飲み方を心がけることが大切です。
バイアグラには種類が違うと飲み方が若干異なる性質があります。
基本的な飲み方は同じでも、効果が出るまでの時間が異なっているため、飲む時間を間違えると製剤方法による吸収率など無関係な状態になってしまいます。
先発医薬品であるバイアグラは性行為の1時間前に飲むのが基本ですが、ジェネリック医薬品では3時間から4時間前に飲むものもあります。
また体調によって吸収率や吸収の速さが変わるものもありますので、薬の違いよりも正しく飲むことが大切だと言えます。
特に吸収の速さは人によって1時間から4時間程度と大きな差がありますので、早めに飲んでおくことも必要です。
勃起力の改善にはバイアグラが最適ですが、その理由には即効性の良さがあります。
健康食品やサプリメントにも勃起力を高める効果のあるものが存在しますが、継続して長期間飲むのが基本となります。
効果の高いバイアグラですが、正しい方法で飲むことが切です。