バイアグラジェネリック薬の平均価格

バイアグラでも特許が切れればジェネリック医薬品の製造販売が可能となりますが、価格相場では本家の3割程度安くなるのが一般的です。
一般医薬品であれば確実に安くなりますが、バイアグラに関してはほとんど価格差が無い状態となっています。
1000円から1500円程度が価格帯となりますが、先発医薬品もジェネリック医薬品もこの範囲内に納まる状況となります。
通常であれば確実に安くなるのが基本ですが、バイアグラが安くならないのは診療報酬の違いにあります。
バイアグラは元々自由診療により処方されていたため、健康保険が使えない処方となっていたことも価格破壊が起こらない理由と言えます。
さらに自由診療ではクリニックが自由に価格設定が可能ですし、一般に診察料が含まれた価格となっていることもあり、ジェネリック医薬品だからといってそれ程安くならない状況となっています。
また卸値自体もそれ程安くなっていないことも理由の一つですが、医療機関でも一定の利益を確保しなければならないため、安く提供していない実情があります。
現在では健康保険が使えるバイアグラのジェネリック医薬品が登場し激安価格で購入できるようになっています。
保険が適用されるものは容量が少ないものが多く、これまでの容量とは異なるのが特徴です。
そもそも薬の価格がそれほど高くない上に自由診療ですから、下げたくても下げられない実情もあると言えます。
ジェネリック医薬品は基本的には先発医薬品と同じ効果を持ちますので、併用禁忌薬も同じになります。
ジェネリック医薬品だからといって危険性が無いという訳ではありませんので、服用には注意が必要です。
ジェネリック医薬品の中には水なしでも飲めるタイプが登場しています。