通販で購入するED治療薬とACE阻害薬の前症状

ACE阻害薬といって心不全や腎障害の患者さんに使われる血圧降下剤があります。血圧を上げる物質があり、その物質はACEを用いて作られることから、そのACEを阻害する薬剤はACE阻害薬になります。血圧が高い患者さんに一般的に使われる医薬品になります。高血圧の患者さんには良い医薬品になりますが、効果があるということは副作用について心配する必要があり、その副作用としてEDが挙げられます。

高血圧の方がACE阻害薬を使うことで、血管が広がり結果血圧が下がる仕組みになりますが、その影響を受けてEDになる可能性があります。実際高血圧の方と高血圧でACE阻害薬を用いた人では後者の方がEDになりやすいという研究結果もあります。もし血圧降下剤を用いて勃起不全になった場合は、主治医に相談してED治療薬を選択すると良いでしょう。

一般的な血圧降下剤とED治療薬を併用することで、重篤な副作用が生じることはないとされていますが、一部の患者さんでめまいやたちくらみといった副作用を生じることがあります。ED治療薬も血管広げて海綿体に血液を送り込むことで勃起力を高める作用がありますので、このような副作用が生じることもあります。まず主治医に相談して併用しても良いのか確認してください。

一般的に副作用が出たような気がする前症状を感じた場合は、すぐに服用を中止することが大切です。最近は医薬品を扱っている通販サイトで購入する人も増えており、知識がないまま服用、もしくは用法用量を守らずに服用することで重篤な副作用が生じたという報告もあります。そのようなことがないように知識をしっかりと持って、前症状に気を付けながら服用しましょう。